図書館政策フォーラム「東日本大震災からの復興と震災への備えに向けて」【第1部】

図書館政策フォーラム「東日本大震災からの復興と震災への備えに向けて」【第1部】「東日本大震災、そのとき図書館は」

日時:2011年11月9日 10:30~12:30
場所:図書館総合展第9会場
主催:図書館総合展運営委員会
共催:神奈川県図書館協会(第1部)
講師:菊池和人さん(岩手県立図書館)、熊谷慎一郎さん(宮城県図書館)、吉田和紀さん(福島県立図書館 企画管理部)、
総合司会:岡本真さん(アカデミック・リソース・ガイド株式会社)
    

第一部の構成

  • 開会挨拶
  • 司会による趣旨説明
  • 東日本大震災、そのとき図書館は―岩手県内の被災状況と支援への要望― 菊池和人さん(岩手県立図書館)
  • 宮城県図書館からの報告 宮城県図書館 熊谷慎一郎さん(宮城県図書館)
  • 福島の被災状況と復興のきざし 吉田和紀さん(福島県立図書館 企画管理部)
  • パネル討論
  • 司会による総括    

その他の記録

開会挨拶/神奈川県図書館協会会長 林秀明さん

  • 図書館会では震災後様々な取り組みが行われた
  • あまり知られていないが、ローカルな動きも確実に始まっている
    • 関東甲信越の図書館でも災害時の相互援助協定を結ぶ動き
    • 神奈川県歴史資料保全ネットワーク立ち上げの動き
  • このような取り組みに大事なのは、被災地で震災の時「何が出来なかったのか」を把握すること
  • これまでどのような支援を受けてきたのか、必要なのかを知り、支援を継続していくことが必要
  • このフォーラムが各地での実践に実を結び、被災地の一日でも早い復興を願って開会の挨拶とする
      
      

司会による趣旨説明 岡本真さん(アカデミック・リソース・ガイド株式会社)

  • 「なにをこれからしていくべきか」を考えることが大切ではないか
  • ひとつ大きな狙いとしているのは「被災地の話を聞いただけでは終わらない」ということ
    • 議論が深まらないまま終わるということがよくある
    • 被災地の図書館員の方はみなさん多忙であるにも関わらず、講演に来てくれている
    • 「こういう理解を得た」「こういう支援の約束をした」ということを被災地に持って帰ってほしい
  • このフォーラムではなにか成果を残したい
  • そろそろ「支援の仕方」を反省する時期ではないか
    • 本当に活動の意味があったのかを考えなければならない
    • 正直、図書館の支援はうまくいっていない
    • うまくいっているのは、受援者の方が頑張っているからうまくいっているにすぎない
  • 様々な議論をそのままにせず、何を出来るか、これからどうすればもっとよくなるのか
  • 今日これから何を出来るのかということを考えるフォーラムにしたい
      
      

東日本大震災、そのとき図書館は―岩手県内の被災状況と支援への要望― 菊池さん(岩手県立図書館)

  

被災状況

  • 岩手県の被災状況
    • 最大震度は震度6
  • 図書館の被災状況
    • ほかの県立図書館と比べると被害は少なかった
    • 4月14日からは通常開館している
  • 市町村立図書館は56館中49館に被害があった
  • 特に被害の大きい図書館の被害状況
    • 図書館が全壊しており、使用不可能
    • 町全体が被災しているため、図書館員も公務員として役場で働いていた
    • BMや図書の寄贈があっても対応できる職員がいない
  • 訪問してわかったこと
    • 被害状況は一つではない、支援の方法も一つではない
        

被災後の対応

  • 震災直後―電話などによる図書館など被害状況調査を行った
  • 一か月後くらいから、第一次被災図書館訪問等を行った
    • 読み聞かせなどの実施
  • 現在~今後は関連団体との連携や、震災関連資料の収集を行う
  • 避難所などでの読み聞かせ
    • 野田村の3つの保育所で読み聞かせを実施
  • 県内市町村図書館等への運営支援
    • 被災の状況を確認するために本問を行っていたが、9月以降は図書館へ支援を行うために訪問を行っている
  • 国立国会図書館の協力を得て、被災資料の修復を行っている
  • 研修会の支援
    • 特にBMの研修
       
  • 関連機関・団体と協力
    • 岩手県図書館協会の会費免除など
    • 日本政策金融金庫
       
  • 震災関連の資料の収集
    • 震災の記録を県立図書館に保存することをはじめている
       
  • 現在の状況
    • 壊滅状況の3館を除き開館している
       

図書館の役割-このような役割を果たせるよう努めていきたい

  • 地域を支える情報拠点として
  • 復興に向けた原動力(拠点)として
  • 生活の潤いを持たせる拠点として
      
      

宮城県図書館からの報告 宮城県図書館 熊谷慎一郎さん

地震の概況

  • 図書資料はほとんど落下し、足の踏み場もない状況だった
  • 余震で戻しかかっていた本が落ち、開館が伸びる原因にもなった
  • 被害の大きい図書館では、建物の全壊、建物の応急判定で危険度が高いと判定された図書館もあった
  • 図書館は高台に設置をされているところが多く、津波による被災地域であっても、図書館には水は来ておらず、浸水を免れたところが多かった
  • 地震そのものの被害によって、震災以前の図書館サービス再開が困難な図書館が多かった
  • 登米市迫図書館の例
    • 書架のゆがみ部分のブルーシートをかけて立ち入り禁止の場所をつくりながらの開館
  • 女川町生涯教育センターの例
  • 南三陸町図書館の例
    • 図書館自体が津波で流されてしまった図書館
    • 図書館跡には基礎部分しかなくなっていた
    • 道路が寸断されてしまっていて、向こう側に行けないという状況だった
    • 以前の図書館がどういうものだったか写真を見つけた。見る影もない
       
  • 開館前にも非来館型サービスは提供していた
    • 資料の返却
    • レファレンスサービスなど
  • 一方で収集した市町村図書館の情報収集を行っていた
  • 書架に図書落下防止装置
    • 図書を落ちるのを防ぐのではなく、本が飛び出さないようにする
  • 市町村図書館を対象とした支援
    • 県内の情報をどう収集するか、保存するか
    • 声を上げられない人の声をどこまで拾えるか、それを拾うのは図書館の使命である
    • 各図書館などの個別の支援を行っていく
       

復旧・復興にあたって

  • 情報公開することが大切ではないか
  • この建物の耐震性を公開するなど
  • 災害の程度に応じてどう支援していくか
     
  • 県域の図書館の情報を集約することが県立図書館の役割になっていくのではないか
    • 現地に足を運ぶことで「見捨てられていない」ということを示す
  • 情報発信の困難と不足をどう解消するか
    • 声を上げられないところの声を拾う事
    • 発信すべき情報を発信していないという現状がある  
         

福島の被災状況と復興のきざし 吉田和紀さん(福島県立図書館 企画管理部)

被災の状況

  • 地震発生時は、職員の誘導により一時待機し、軽症者は一名のみ
  • 余震が続くなどしたことから、もう中には入れないだろうと判断した
  • 再入館への危険性から、出張しているものの安否を確認後全員帰宅した
  • 現在も館内への入館を禁止している
    • 強化ガラスも崩壊した
    • 利用者も中にはいたが、ケガ人はなかった
    • 駐車場でも最大20㎝の地盤沈下があった
        

被災後の対応

  • 震災後は、「できることからの精神で(情報提供)」
    • 生活情報の収集・提供
  • 復旧に向けて、本の修復など
    • 5月の連休明け一週間、職員総出で本を直した
  • 資料の提供も「できることからの精神で」
    • 震災直後は知りうる情報から資料支援が必要ではと思われる自治体に連絡
    • ニーズを踏まえて、5月以降は団体貸出し用の資料をピンポイントで貸し出し
    • 避難自治体でも、避難先の学校などに貸し出しを行っている
       
  • 県内図書館の開館状況
    • 県内59館の図書館のうち3月18日に開館しているのは4館
    • 9月11日では59館中休館中は7館
  • 図書館の再開を遮っているもの
    • 直接的な被害としては地震、津波など
  • 間接的な被害としては原発による避難
    • 9自治体が役場機能を移転している
    • 図書館職員である前に自治体職員であり、そちらの仕事を優先せざるを得ない
    • 避難している住民がいつ戻ってくるのかわからないのが現状
       
  • なにかしようとしてもなにもできないのが現状
    • まちの図書館に戻り、どうなっているのか見ることが出来ない
    • いま何をしたらよいかわからないため、支援の手があっても受けることが出来ない
    • 全県的に、被害の少ない地域もなんらかの影響を受けている
    • 被害の少なかった会津若松市でも、避難している住民が多いため、図書館の利用者が増えるなど
       
  • 現在福島県立図書館は完全閉架式
    • ヘルメットをかぶって出納作業をしている  
        

パネル討論

  • Q.司会:岡本真さん
    • 今回のお話で強調したのは「見過ごされた被害について話してほしい」ということ
    • 沿岸部の被害に目が行ってしまいがちだが、県内を見渡して見過ごされていると思われる被害は何かないか
  • A.菊池さん(岩手県立図書館)
    • 野田市。現在図書館には図書館員だった人がおらず、教育委員会の人が運営を行っている。支援の申し出があった時も、どう対応すればよいかわからず、手探りの状態であることが課題である。
  • A.熊谷さん(宮城県図書館)
    • 建物が使えないのがかなりネックになっている。倉庫や書庫で図書館を続けることが本当によかったのだろうかという疑問がある
  • A.吉田さん(福島県立図書館)
    • 自浄努力で自分の問題を解決しようという県が多かった。他の支援を受けようという発想が東北人にはないのかもしれない。
    • 直接被害が少なかった地域でも、なんらかの形で震災の被害を受けている。全県的に震災の被害について考えなければ、復興は見えてこないのではないかと考えている。
       
  • Q.司会:岡本真さん
    • 利用者が館内にいる時間帯に地震が来たが、今回地震そのもので図書館で死者が出なかったのは大きいのではないか
    • 地震が来た際、図書館員の誘導が優れていたということが死者が出なかった原因として考えられるが、どう考えているか
  • A.菊池さん(岩手県立図書館)
    • 指定管理者の職員が適切な誘導をしていたと聞いている。大槌町立図書館では、司書が普段は避難所に指定されているお寺ではなく、町内で一番高い建物に利用者を誘導したので助かったという例もある。
  • A.野田さん(福島県立図書館)
    • 近年防災訓練をとても厳しく行っていた。そういうことも含めて、震度3くらいの地震でもガラスから離れてくださいなどいった指示を出せるよう習慣づけられていたのが大きいと思う。ちょっとした揺れの時に大きな声の時に出すのは多少恥ずかしいこと。訓練の時からきちんとやってくれていたのが良かった。
    • ただ、職員間の共通認識として「どこに行けば安全なのか」ということは理解できていなかったのが課題か。
  • A.熊谷さん(宮城県図書館)
    • 宮城県では頻繁に地震が来ている時期があり、一週間くらい休館する時期があった。その頃から、あえて職員が少ないときに防災訓練をするなどいろいろな訓練を行ってきた。何かあった時、どこにどういう風に動くか、を職員間で共有するよう徹底しており、ちょっとした揺れでも書架から離れるよう声を張り上げることが習慣づけられていたのが大きかったと思う。

 

  • Q.司会:岡本さん
    • 声をあげているところに対して支援出来ないわけがない。全く声が入ってこない地域に対してどうやって声を拾うのかということはとても難しいことである。
    • もう少しこうすれば声なき声を拾えるのかもしれない、こういうところがうまくいっていなかった、という点はなにか
  • A. 吉田さん(福島県立図書館)
    • 開館出来ている図書館と閉館している図書館に対して、割り切って考えてしまいあまり訪問などをしなかったのを反省している
  • A. 熊谷さん(宮城県図書館)
    • 自分のところの図書館の復旧と市町村図書館の支援とのバランスが悪かったかもしれない。震災直後はそもそもガソリンが無くて活動がそんなにできなかった。
    • 市町村合併後であっても、市町村図書館の設置率が宮城県では6割強くらい。一個の町そのものがとても大きいため、そこに一館しかない図書館に対して「その町の状況を教えてくれ」というのも無理がある。県域のネットワークというのが偏っているという点を問題として挙げてよいものかというのも悩ましい問題ではある。
  • A. 菊池さん(岩手県立図書館)
    • 県立図書館と市町村図書館のネットワークが強力にとれていたかといわれると、そうでなかったと思う。やはり東北人の気質というわけではないかもしれないが、電話では「大丈夫です」と言っていても、実際行ってみると問題があったりする。支援のニーズがあるという発想が出ない。
       

  • Q.会場の方から
    • 図書館を閉鎖した後開くという事が話題になっていたが、また開館することで津波や地震の被害がまた来るかもしれないことに対する安全対策についてどう考えているか
  • A. 菊池さん(岩手県立図書館)
    • 岩手県立図書館は地震に強い造りになっていると以前から言われていた。地震の後、施設が完全に安全であるということを確認したうえで開館したため、問題ないと考えていた。
  • A. 熊谷さん(宮城県図書館)
    • 安全性を確保したうえで開けたいと思っていても、利用者から開けてほしいという声がある。安全であることを確認し開館するのが大原則である。
  • A. 吉田さん(福島県立図書館)
    • 図書館の使命は情報提供。建物の安全性と、図書館の使命を果たすこととのバランスかなと思う。  
         

総括 司会:岡本真さん

  • 第一部まとめ
    • 見過ごしてきた、見過ごされてきた被害に目を向ける
      • 一つの県の中でも、被害の状況は全く異なる。各地のニーズを把握すること
    • 日常からの対策
    • 声なき声への対応
      • 通常の図書館サービスでも求められることではないか
    • 安全性と安心感
      • 開館しなくてもできる図書館サービスはあるのではないか
    • 県立図書館の意味とは
      • 県立図書館がある程度の情報収集をしてくれている、ということはかなり大きい
      • 自治体を何らかの形で束ねる機関が必要
      • 県立図書館のような県単位の組織の意義が見直されるのではないか
         
    • 複数回足を運ぶことによって、現地での問題が表面化したり、震災当時の問題を話してくれるようになったりする。
    • これからは、有事の時に備えた協力協定を考えていくためいろいろ検討している最中である。
       

フォーラムをみた感想

被災地の図書館の状況について、支援してきた人の話を聞いたり、記事を読んだりしたことはありましたが、直接図書館長の方の話を聞いたのは初めてでした。また、被害状況を示すためのデータとしての数字も、被災地の図書館長の説明を受けながら聞くと、大変な被害だったのだという実感が湧いて衝撃的でした。
「被災地支援」として支援をひとつに括りがちだが、3県それぞれの事情があり、県内でも被害の状況も、被害の種類も全く異なります。避難者の多い地域ではどのような支援が必要なのか。地震の被害を直接受けている地域はどのような支援が必要なのか。失職した人が多い地域ではどのような支援が必要なのか。県立図書館だけでは把握は難しく、「見過ごされてきた被害」に目を向けることも困難なのではないでしょうか。また、県外の団体が、県内のニーズを汲み取ることが必要なのではないかと感じました。
   

関連フォーラムの記録